リム 危険感受性教育

HOME > 事業内容> 情報機器部 > リム 危険感受性教育

リム 危険感受性教育

 

事故撲滅を目指し、体験学習・対処訓練・情報公開手段を提供します。

VR(仮想現実)による5感再現(視覚+聴覚+触覚+臭覚)により、危険な事象(事故)を、安全かつ効果的に体感・訓練するソフトウエアです。職場に存在する危険を具体的に示し、人間の本質的な直感を刺激することで心理的に怖い、嫌だと感じさせ、危険感受性を高めます。安全&安心に特化した、唯一のシミュレーションソフトウエアで、危険体感(感受性向上)教育に最適です。

VRを利用した体感は、VR+現実リアル併用が効果的!

RiMMは3感覚以上を刺激し、危険感受性を高めます!

  • VRバーチャルリアリティーは、人間の五感を疑似再現する技術です。感覚を刺激した体感は、学習効果が高いことが確認されています。VRによる五感の刺激で、実体験に近い(リムは96%以上の再現性)体験が可能となります。
  • ビデオ映像と異なり、独自のデフォルメ技術による伝達効果が大きい点が特徴です。
  • RiMMなら安全に危険体感ができ、「怖い+嫌だ!」というリアルな感覚を得ることで、危険感受性を高めます。
  • 視覚と聴覚だけでは、体感効果を得られない事故事象が多数確認されています。 そのような事故事象は、触覚、臭覚の追加再現で効果が高められます。 リムは独自の触覚再現、臭覚再現効果で繰り返し利用する事が可能です。
  • RiMMはPTSDを抑制する為の機能が盛り込まれています。 PTSD対策は、自然で生々しい表現では無く感じやすい表現が重要なポイントです。

VRを利用した安全教育方法

  • ステップ1
    事故ケーススタディー

    事故発生状況を学習

    【カスタム品】KY映像CG

  • ステップ2
    危険感受性向上教育

    危険体感!

    【標準品】VR事故体感

  • ステップ3
    安全向上教育

    安全対策の実行!

    ユーザ様ご自身で+気づき教材提供

危険体感(労働災害・自然災害・交通事故)の内容は、再現シナリオにより体感できます!

教育効果の高い災害シナリオを製品化しました!

圧倒的な事故対応数! 次々リリースし続けます。

【標準製品:シナリオ拡大中

既に合計55種が標準化されています、詳細はお問い合わせください。
別に40種のカスタム事故シナリオが開発済みです。

製品化・販売予定の標準事故シナリオ

(既に107種以上のシナリオを決定し開発中、100事象へ拡大予定)

躓き、切創、屑混入、衝突、火傷、挟まれ、爆発、残圧吹き出し、
スリング挟まれ、転倒、触車、脚立転倒、Vベルトなど

現在107事象まで再現内容決定しています。

VR事故シナリオ

※)製品化の内容は、予告なく変更する事が有ります。
予めご了承ください。

ユーザの希望に合わせカスタム事故シナリオも作成可能です。

あなたの職場に適した事故再現シナリオを選択してください!

【標準品】VR事故体感シナリオが次々と100事象リリースします。

【販売中の製品:2019年2月現在】

英語版も順次リリース中、詳細はお問い合わせください。

【2019年11月以降リリース予定】

 

【専門分野での事故も追加で標準化:開発済み・準備中】

さらに電設工事系で10パターン、建設工事系で6パターン順次リリースします。

既に複数のシナリオが英語版対応済みです。

非該当証明取得済み、海外輸出対応も進めてます。

【希望される事故事象が無い場合】

市場要求に合わせ、順次標準化を行い社会の要望に応えます。

但し、リリースするタイミングは市場要求に従い決定されます。

高機動性+早い+調整不要+簡単操作!

携帯型で現地に到着してから15分でVR体感開始。体感ユニットの装着も3ステップで完了します!

RiMM製品化事例 ~様々な分野で利用されています~

訓練シミュレーション

見て聞いて心に感じるストーリーを簡単に作成&体感できます。

配置シミュレーション

消費者の購買動向を調査するために、実寸大でバーチャルの売り場を再現します。購買者の視点で購買シミュレーションすると同時に、その行動を記録し解析します。売り場提案・プレゼンテーション、売り場再現による視認性確認、売り場の比較検討、購買行動の記録、調査などにご利用いただけます。

労働災害分野でのRiMM採用実績 ”199社突破しました。”

 

  • 東京電カホールディングス株式会社様 柏崎刈羽発電所(2017年3月導入)
  • トヨタ自動車田原工場様(2017年3月導入)
  • MHIエアロスペースプロダクション様(2017年3月導入)
  • 千代田化工建設様(2017年6月導入)
  • 一般財団法人中部電気保安協会様(2017年7月導入)
  • 株式会社関電工様(2017年7月導入)
  • 大和リース株式会社様(2017年7月導入
  • 日鉄住金物流君津株式会社様(2017年8月導入)
  • 株式会社日立システムズ様(2017年8月導入)
  • 不二製油株式会社様(2017年8月導入)
  • ミドリオートレザー株式会社様(2107年9月導入)
  • トヨタ自動車田原工場様(追加導入:2018年1月)
  • 彦島製錬株式会社様(2018年2月導入)
  • 大阪製鐵株式会社様(2018年3月導入)
  • 中部電気保安協会様(追加導入:2018年3月)
  • パナソニックライティングデバイス株式会社様(2018年3月導入)
  • 株式会社ジェイアール西日本総合ビルサービス様(2018年3月導入)
  • 日産自動車(本社)様(2018年3月導入)
  • デンカ株式会社様(2018年4月導入)
  • 大陽日酸株式会社(2018年5月導入)
  • 住友重機械工業株式会社様(2018年導入)
  • 三菱電機ビルテクノサービス株式会社(本社)様(2018年導入)
  • その他導入ユーザ様名称は、非公開
  • リム採用済みの職種

    行政、医療、電力、電設、電気、水道、ガス、建設土木、資材、ビル工事、プラント、製鉄、金属、自動車、鉄道、航空機、重機、石油、化学、材料、ファブリック、セメント、製紙、空調、機械、電子、部品、情報、食品、物流、商社、装置、通信、機械、医療、その他

    合計199社 2019年7月現在

    リムを採用導入後(リピート急増中)

    装置増設、オプション追加、事故シナリオ追加 40%強で採用数が増えてます!

RiMM VRによる6手法の訓練&教育を順次標準化進めます。

  • VR

    1 手順学習訓練
    (標準品+カスタム)

  • VR+模擬装置

    2 操作試験「ログ記録」
    (標準品+カスタム)

  • CG映像

    3 事故ケーススタディー
    (標準品推進中)

  • VR

    4 事故危険体感
    (標準品推進中)

  • VR+実機モックアップ

    5 運転シミュレータ
    (標準品+カスタム)

  • VR

    6 技能伝承「記録・見る・真似る」
    (カスタム対応)

ソフトウエア概要

  • ・3Dレーザ計測、CADデータ、CGモデルを混成したVR空間(仮想現実)を再現します
  • ・マルチエージェン機能(オプション)により、遠隔訓練、協調訓練が可能
  • ・眼球運動測定に必要なアイマークレコーダとの連携(オプション)が可能
  • ・ゴーグル型VRヘッドマウントディスプレー Oculus社HMD対応可能
  • ・Windowsに接続が可能な全ての入出力デバイスを利用することができます
  • ・訓練シナリオをユーザが編集、変更できます
  • ・Z+F社3Dレーザスキャナで計測した、カラー点群データ内をウォークスルー確認できます
  • ・実行形式: EXE(Vizard, Virtools, Unity3D, Unreal 等)

製品特徴

  • ・危険体感、安全体感、手順学習、事例学習の他、教育内容の試行錯誤により学習効果を更に高めます
  • ・学習目的に合わせ、簡単な操作でゲームライクな映像を生成します
  • ・実現困難な危険状態を具体的に示し、映像と音と体に感じる感覚を再現し体感します
  • ・思い描いたイメージを3D映像+音(VR仮想現実空間)として生成します
  • ・体感する環境(場所、明るさ、天候)を簡単に変更できます
  • ・事象(でき事、事故など)を選択し、発生するタイミングを設定し体感します
  • ・流れ図入力で物語(流れ、分岐)を定義し、記録、再生します
  • ・インタラクティブな映像、動画、デジタル写真を連続再生し体感します

適用分野

  • ・安全訓練:事例学習、手順学習、事故体感、セキュリティー訓練、対応方法学習
  • ・技能向上:体感訓練、構造理解、原理説明、操作学習、リハビリテーション、模擬
  • ・管理:設備保全、避難誘導、設備理解
  • ・調査研究:行動調査、心理学研究、神経科学、脳科学、ストレス評価
  • ・試行錯誤:配置検討、視認性確認、体感確認、操作検討、対応方法検討

危険体感教育の必要性

  • ・就業形態の多様化
  • ・自動化、省力化、集約化の推進
  • ・アウトソーシングによる混在作業の増加

職場環境の状況変化

  • ・安全管理ノウハウが失われ始めている
  • ・熟練者が年々減少傾向に有る
  • ・体系的な教育が全員にできない
  • ・単独作業が増えている
  • ・複数の業務を同時に対応するようになっている
  • ・技術のブラックボックス化が進んでいる
  • ・危険情報の伝達、共有が難しくなっている

危険体感訓練実施を導入するポイント

  • ・VR(仮想現実)シミュレーションの目的と役割を明確にすること
  • ・体感内容が身近で、現実的、実践的であること
  • ・危険事象を安全に体感できること
  • ・客観的、主観的は評価、数値的な到達目標を設定すること
  • ・繰り返し、持続的な仕組みを取り入れること
  • ・仮想空間と現実空間を混在した訓練を実施すること

 ・・・「製品情報SNSリンク」

 

デモ対応は4拠点【東京:神田、大阪:阿波座、名古屋:丸の内、ホーチミン】

製品に関するお問い合わせ/カタログ請求

情報機器部(担当:松田) TEL:03-5209-0080

各種お問い合わせ

商品・サービスに関するお問い合わせは、下記よりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

※ネットからのお問い合わせの場合、回答にお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。