LMF
3Dスキャンデータ統合管理ツール

HOME > 事業内容> 情報機器部 > LMF
3Dスキャンデータ統合管理ツール

LMF 3Dスキャンデータ統合管理ツール

LMF 3Dスキャンデータ統合管理ツール

LFMは、各社レーザ計測器で計測した3次元データ(点群データと呼ぶ)を変換取り込み、複数の計測データを合成する機能、大規模なデータをスムーズに3D空間上の高速描画し閲覧する機能、2点間の寸法測定、形状モデル化、CADへのデータ取り込み機能、ネットワーク上のブラウザで複数の閲覧者が同時にデータ共有、操作状況を同時に閲覧する機能、検討した内容を任意の位置に付箋貼り付け表示する機能等、様々な機能を有しています。

LFMの主な機能

  • ・各種レーザ計測データ読み込み
  • ・データ合成
  • ・一括表示(データベース連携「3DVR保全管理ツール」)
  • ・3Dポリゴンモデル化
  • ・物体干渉チェック

レーザ計測の必要性「AVEVA & LFM紹介」

LMF Register

LFM Registerは、各レーザ計測機器メーカが提供する計測用の独自フォーマットを取り込み合成する為の機能です。LFM Scan Gatewayを利用し、ほぼ主要なレーザ計測機器メーカの計測データを取り込むことが可能です。また取り込んだデータをLFM内の空間内で一括処理する為のデータ合成処理機能とLFM Severに入力する機能を有します。

LFM Modeller

LFM Modellerは、レーザ計測した点群データ(ポイントクラウドと呼ぶ)を、形状認識しモデル化する機能です。LFMのデータベースには、プラント現場で使用するパイプ、バルブの情報が記録されており、選択した部分とデータベース情報と照合、形状識別した物体を提示しモデル化します。作成した情報は3D-CADに引き渡す事ができます。

計測データより3Dモデル化する機能を備えています

LMF Server

LFM Serverは、LFM Register複数の計測データを合成したデータ、LFM Scan Gatewayレーザ計測器で計測したデータを取り込みます。合成された点群データの表示、2点間の計測、3点計測、データベースへの登録等の点群データを管理する各種機能が搭載されています。

プラントCADとの連携機能を備えています。

プラントCADとの連携機能を備えています

  • 表示機能

  • 衝突判定

  • 一括ボリューム選択

  • パイプ繋ぎ込み

エッジ抽出

CAD link

  • ・CAD操作そのまま作業が可能です。
  • ・CAD Linkは、各種CADメーカのCADとのインタフェースソフトです。以下のCADオペレーション内で、LFMの機能が利用できるようになります。
  • AVEVA PDMS, AVEVA E3D, AVEVA REVIEW、Autodesk AutoCAD, Revit Navisworks, VRcointext Walkinside, Bentley MicroStation, Auto Plant, Intergraph CADWorx, PDS , Smart Plant

LFM NetView4.0

3D計測データをマップとして利用した大型建物、設備機器、保全&保守管理システムの構築に最適です!

  • ・3Dレーザ計測データを統合的に管理し、プロジェクトを確実に実行アシストします
  • ・レーザ計測器で計測したデータをブラウザにより閲覧できます
  • ・計測データをネットワーク越しに情報共有が可能です(遠隔地より操作状況が確認できます)
  • ・3D計測データマップに設計&保全データベースをリンクした保全管理ツールの構築が可能です
  • ・マップに示された計測点に瞬時にジャンプ。リアルタイムウォークスルーによる、シームレスに計測データを描画します
  • ・寸法計測、角度計測が可能。タグ付け機能により、検討課題等コメント記入が可能(弊社RiMMと連携したプラント保全管理システムの構築が可能)

製品別機能搭載一覧表



製品に関するお問い合わせ/カタログ請求

情報機器部(担当:松田) TEL:03-5209-0080

各種お問い合わせ

商品・サービスに関するお問い合わせは、下記よりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

※ネットからのお問い合わせの場合、回答にお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。