リム 安全性向上・気づき

HOME > 事業内容> 情報機器部 > リム 安全性向上・気づき

リム 安全性向上・気づき

VRを利用した安全教育方法

  • ステップ1
    事故ケーススタディー

    事故発生状況を学習

    【カスタム品】KY映像CG

  • ステップ2
    危険感受性向上教育

    危険体感!

    【標準品】VR事故体感

  • ステップ3
    安全向上教育

    安全対策の実行!

    ユーザ様ご自身での実施

    危険体感(労働災害・自然災害・交通事故)の内容は、再現シナリオにより体感できます!

 

リム災害ハザードマッピング

リムのハザードマッピング機能は、小型の携帯端末(Apple社iOS端末)を利用し、現場の状況を記録(写真、書き込み、文字、音声)する事が出来ます。 またGPS等で記録時の緯度経度を取得し端末内に保存します。 携帯端末がセンターサーバーに接続された時点で登録された情報をマップ上に自動的にマッピング記録します。 利用者は、ブラウザー接続な表示端末を利用して情報共有が可能です。

◎ 用 途
・危険個所の映像記録、緯度経度情報と共に記録
・現場改修前後の状況を記録保存
・作業状況を多視点で記録し作業前確認&検討
・ハザードマップ作製など(マップデータはユーザにて準備)

イメージ蓄積と伝送にリム双方向映像配信専用ネットワークサーバ

「RiMM Interstream Server」をご利用いただけます。

 

 

リム・360実写記録・VRビュー

リム360度実写記録&VRビューは、リム用の360度VRカメラを利用しユーザが直接現場にカメラを持ち込み写真撮影、ビデオ撮影が可能です。 映像はカメラよりUSBVケーブル、ミニSDカードを通じてPCでパノラマ立体画像に変換し、リムのVRゴーグルで体感・再生する事が可能です。 高精細な4K画像で映像を取得しており3D記録されている為、あたかも現場にいる感覚で現地の状況を確認できます。

◎ 利用用途
・自分の現場を記録し、危険個所指摘
・現場改修前後の記録し保存
・現場を撮り、遠隔地で危険個所抽出
・作業状況を多視点で記録し作業確認&検討
・事故をVRビデオ映像で記録、速報伝達News

イメージ蓄積と伝送にリム双方向映像配信専用ネットワークサーバ

「RiMM Interstream Server」をご利用いただけます。

各種お問い合わせ

商品・サービスに関するお問い合わせは、下記よりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム

※ネットからのお問い合わせの場合、回答にお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。